ホ兵の本領茲にあり

クソ最悪な鬱病の時でも、日本の軍歌を聞くと気分がブチ上がってくる

最近は特に『歩兵の本領』と言う軍歌にドハマりしている

で、その『歩兵の本領』の歌詞のことで思うことがあったのでブログに書いておく

 

『万朶(ばんだ)の桜か襟の色 花は吉野に嵐吹く』 

『歩兵の本領』という曲は、満開の桜が散りゆく光景から始まってくる。あんまり軍歌っぽい勇ましさがない立ち上がりが面白い。

でもこの後は急転直下して

『大和男子(おのこ)と生まれなば 散兵線の花と散れ』

と軍歌節全開、大和魂全押しstyleとなる。

 

これが『歩兵の本領』の1番で、私はこれが非常に好きだ。

 

日本の軍歌(特に陸軍を歌ったもの)の大半は勇ましく泥臭く無骨で、あまり詩的ではない。至上の名誉とすめろぎへの忠誠を歌って『頼るべき力強さ』、『武』と言うものを感じさせるけれども、『美しい』とまで感じさせる歌は少ない。

 

そんな日本軍歌の中でも『歩兵の本領』1番は、頭一つ突き抜けたものがある。

もう一度その歌詞を引いてみよう。

 

『万朶の桜か襟の色 花は吉野に嵐吹く 大和男子と生まれなば 散兵線の花と散れ』

 

短くシンプルだが、非常に技巧的な歌詞になっている。

技巧もクソもないような歌詞に見えるが、せっかくなので1節ずつ見ていこう。

 

まず第1節『万朶の桜か襟の色』。

「襟の色」は軍服の襟に付けられる赤い「襟章」を指している。

ここでは鮮やかな襟章を万朶、すなわち咲き誇る桜に重ねている…と言うレベルのことならWikiにも書いてあるのだが、これは単なる言葉遊びではない。

襟章と花の色の重ね合わせは、1番のラストへの伏線である。

 

続いて第2節『花は吉野に嵐吹く』。

言うまでもなくここでの「花」は第1節の「万朶の桜」を受けている。

吉野の山に吹きすさぶ花を歌っているこの一節、さりげなく軍歌要素が全くない。

第1節は「襟の色」が軍服を指しているけど、第2節はとにかく桜が舞い散りまくっているばかりだ。本当にただ散りゆく吉野の桜を歌っているだけなのだ。

散りゆく桜、これもラストへの伏線になっている。

 

そしてラストの第3節『大和男子と生まれなば 散兵線の花と散れ』。

「散兵線の花」は当然2節の「花」を受けている。

情緒にあふれた1、2節と歌詞のノリが打って変わり、日本人の男なら第一線で死ね!と元気いっぱいである。

 

ラストでいきなり流れ変わって「大和男子と生まれなば〜」とくると、いかにも唐突な印象を受ける。

しかしこの1番の歌詞の第1、2節と第3節、実のところ全く同じことを歌っている。

というか、第1、2節があって初めて第3節が生きるのである。

 

桜の花に赤い襟章の軍服、すなわち歩兵を重ね合わせる。「桜の花=歩兵」である。その桜の花の吹きすさぶ吉野の山の様を描き、「散りゆく桜」のイメージを呼び起こす。「桜の花=美しく散りゆく」のだ。

 

つまり、「桜の花は歩兵」であり「桜の花は美しく散る」。

そうなれば『桜の花』である『歩兵』が散兵線の『花』と『美しく散る』のは至極当然のこととなる。

したがって一見情緒的な第1、2節からの唐突に勇猛果敢な第3節の歌詞は、優れて意識的に構成されていると言える。

 

そうは言っても、私は意識的な演出・論理的な構造を持っているからこの歌を好きなのではない。そういうものは美しさとは別のものだからだ。

私はこの曲の歌詞に、美というものと武(≒暴力)というものとが融けあう瞬間を見るような気がする。

だから、この曲に美しさを感じるのだ。

 

『歩兵の本領』についてはまだ書きたいことあるけど、文章がクソ長くなってきたのでこれ以上はやめます

あとこれだけは言っときたいんですけど、Youtubeに上がってる『歩兵の本領』の動画のコメント欄にいっぱい湧いてる国語の苦手な国粋主義者の皆さん、全員東京湾に叩き込みたい

 

 

 

 

古典的御宅気質

『オタクだから語彙力ない』

自分もおたくなのでこういうHOLY SHITなノリの言い回しでも何となく何を伝えたいのかわかるけど、こういう言い回しがTLに流れてくるとマジでブチ切れそうになる

 

『語彙力ない』じゃないんだよ自分の好きなもののことくらい自分の頭で言葉にできるくらい考えろや

たとえ考えに考えすぎて日常生活が完全に崩壊しても、言葉にできない聖なる何かを捉えようと足掻くことに自分の生きる意味を見出すのが『おたく』ってもんだろ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜が〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

広告を非表示にする

歌詞書いた

『自殺の体系』 作詞 ホ

 

黄色い線の内側に下がる

魂を縛る今日という軛

生ぬるい風 乾いたココロ

覗き込んだスマホに答えがあるの?

 

もっと自由でいていいのなら

キツい靴なんて脱ぎ捨てていいのなら

ねえ もしもヒトの可能性無限大なら

私何をしたいか 生まれる前から分かっていた

 

誰よりも高く飛ぼう

カラダで風を感じていたいから

飛び込み 飛び降り オーバードーズ

宇宙の果てのドアを開けよう

そんなの何にも恐くはないよね

生まれ落ちる前

隔てられる前に

ふわり舞い戻るだけなんだ

 

 

自殺応援ソングの歌詞を考えました 

誰か曲をつけてください てめえの金で

広告を非表示にする

Holy shit

Twitter社に対する怒りがブチ上がってきた

今までも何度か言った気がするけどTwitter社にはTwitterを運営する才能ない

絶対俺の方がTwitterを上手に運営できる

 

とか思ったけど、「ユートピアを構想する者は(そのユートピアでの)独裁者である」みたいなことをハンナ・アーレントが言ってたらしい

俺にとっての天国は、他の誰かにとっての地獄でもあるんだにゃあ

 

まあ、なんだかんだ言ってもGWなのに完全にNO FRIENDで結局Twitter以外やること全くないのが一番地獄なんですけどね 

なんなのこの人生

広告を非表示にする

朕はタラフク食ってるぞ

今日は以下の用件をこなすため街に出かけました

・家系ラーメンを食べる

・銀行に行く

・裾上げを頼んだスーツを某紳士服屋に受け取りに行く

 

シコシコ自転車漕いで街に向かい、2時間無料の駐輪場に自転車を置いてからお目当ての家系ラーメンの店へ向かいました。

 

店の入り口で老夫婦が店内の様子を伺っていて店に入りづらかったので一旦店を通過。回り込んで裏口から店に入りました。そしてちょうど俺が入った瞬間に全部の席が埋まった。カウンター席のみの狭い店内で俺だけ立ったまましばらく待たされることになった。 

 

席を立つやつは何人もいるけど、全員セルフサービスの水を取りに行ってるだけで誰も一向に店から出て行かない。俺は給水器の横に陣取って水を入れにくる奴をチラチラ見る。セックスの権化みたいな男や死にそうな白髪のジジイなどがやってきて、給水器の上に置かれたトレイに山積みのコップを取り、水を入れ、席に戻っていく。家系を必要とする人たちの群れ。

 

目の前の席では場違いなビッチ二人がちんたらちんたらラーメンをいじくりまわしている。もっと気張って啜り上げろや 男のチンポみたいによ とか思ってるうちにようやく席が空く。

 

席に座ると麺固め味濃いめ油普通のラーメンが割とすぐに出てくる。この店では無料でライスがもらえるし、おかわりも無料だ。肝心のラーメンも美味しい。麺を啜りチャーシューをかじり海苔をスープに浸しライスで食べる。濃い味のスープに箸が進み、あっという間にライスがなくなる。この時私は無限に米を食べられるような気がして、ライス大盛りを頼んだ。

一瞬で信じられないくらいバカ盛りの米が出てきた。

それを見た瞬間、私の頭の中を満たしていたはずの食への衝動が突如消え失せたのを感じた。

もはや何も食べたくないという気分が脳裏に蔓延している。自分の脳に騙された気分だった。

 

完全にミスった 外食の才能一切ない

バカ盛りライスショックでペースが完全に乱れてしまい、結局ラーメンすら完食できずにそそくさと店出た おかわりは残さずお願いしますって店内に明記されてる系の店でおかわりを残すの、ポツダム宣言受諾より辛いものがある

 

その後、私は鬱病になりながらも銀行に向かいました。

銀行に着いてから手続きに必要な印鑑を持ってくるのを忘れたことに気づいてクソ慌てて家に戻って印鑑取ってきたり、某紳士服屋でスーツを受け取って店から出た瞬間雨が降り出したり、スーツの入った袋が三歳児とかだったら余裕で隠し持つことができそうなデカさで持ち運びにメッチャ苦労したり、何もかも最悪な外出でした

 

普段から生きる才能ないけど、今日は一段と何かがズレているようでした

やっぱ昨日不敬なツイートしたのがいけなかったのかな

@昭仁 ゴメンな

個人的に好きな太宰治の小説

 もう1,000年くらい本読んでないけど、高校の頃は太宰治にハマって新潮文庫で出てる太宰の本はほぼ全部買って読んでた と言う事実を1,000年ぶりに思い出したので太宰の小説の感想書いた

 

 

『HUMAN LOST』 太宰がガチで精神病院にぶち込まれた時の日記。タイトルが全て

 

 『猿面冠者』 ワナビー気質なオタクが読んだら全員自殺すると思う 俺は自殺した

 

 『ダス・ゲマイネ』 東京帝国大学不忍池上野動物園

 

パンドラの匣』 この小説の主人公、現代だったら絶対Twitterで鍵垢FAKE野郎やってる

 

『正義と微笑』 東大落ち立教のち中退

 

人間失格』 神。 主人公はマジのマジのマジでクソクソFAKE野郎だけど、もし主人公がマジのマジのマジでクソクソFAKE野郎じゃなかったら本編開始後1行で自殺して終了なのでどうしようもないと思う

 

『葉』 2011年3月、東日本大震災の影響で魔法少女まどかマギカの放送が四月まで延期されるっていう記事を2chまとめサイトで見た。当時は全くNO FREIENDで(今もだけど)、アニメ見る以外に生きる意味が全くなかった。記事のコメント欄に『葉』の一文をパクって「四月まで生きていようと思った」って投稿した

 

『逆行』 一回も出席してない授業の試験に行ってクソふざけた答案書いて速攻で教室出て食堂に突入する回が好き

 

『駆込み訴え』 GAY

 

 

太宰は日本文学史上最高峰のクソFAKE野郎だと思う

皆さんにとっての最高のFAKE野郎は誰ですか?

白骨街道

9時から夜11時までの13時間奴隷労働から解放され顔も体も心も何もかもボロボロになった私は、バイト先から駅への最終バスに見事乗車失敗し、棒のようになった足を引きずって駅まで歩いて20分の道をひた歩いた。飢えと渇きと疲れ、そして肌を刺す冷気に攻められながら。

 

二月の多摩の冬の夜は、凍てつく寒さが身に染みる。目の前に続く暗い道路を見渡すと、車一台通らずだれひとり歩いていない。夜闇に浮かぶ暖色の街灯も、信号の赤や緑のライトも道なりにまばらで、その数少ない明かりのさらに向こうを目指し、なにも見えない道を私はひた歩いた。

 

その先に、その道の先にこそ私が目指す場所(豊田駅北口)があるのだ。

しかしその地はあまりに遠い(徒歩20分)。

 

闇のむこう、ひときわ高くに、煌々と輝く光があった。

セブンイレブンである。

セブンイレブンのクソ高い看板の明かりが、まるで地平線の彼方に霞む砂漠のオアシスのようだった。『セブンイレブンの明かりが砂漠のオアシスに見える」ということ自体が既に俺の人生の基本軸がどんなものであるのか、その全てを示している気がする。

 

絶望。

セブンイレブンの光に安心できてしまう生。一体これはなんなのか。どうしてこんな人間になってしまったのか。

なんなのこの人生。

 

暗澹たる気分で角を曲がった。

突如として私の眼前に、ほんのかすかな希望の燭光が差した。

モスバーガーである。

マックとは異なり、人が人として生きることができるハンバーガーチェーンである。

 目に入ったモスバーガーでハチャメチャになった俺の人権を救済しようとし、店内をのぞいて見た。

 

もう閉店してた。

店員がモップを持って店内の掃除をしているのが見えた。あたかもその15分程前にバイト先でモップ片手に自分自身がそうしていたように。

モスバーガーに、私の居場所はなかったのだ。

インパール作戦敗残の日本兵のように精も根も尽き果てながら、打ちひしがれるように私はモスバーガーの前を通り過ぎた。

その私の目の前を、既に運転を終了したはずのバスが目の前を通り過ぎる。

 

深夜バス。この時間でもバイト先から駅までのバスが出ていたのだ。

しかし既に駅までの道の半分は歩いてしまった。もはやバスに乗りにバイト先に戻るなど考えられない。

もう完全に気が狂う。

打ちひしがれる私の傍、あざ笑うかのように中央線が夜の中を八王子方面に走り去っていくのが見えた。

何が中央線だ馬鹿野郎と思いながら、私は暗く閉ざされた道をひたすら歩く。

 

やがて、ちらほらと道行く人の姿が見えるようになってきた。

道沿いには店が並び始めた。夜の装いした街。

駅はもうすぐそこだ。

 

この悲惨な敗走も間も無く終わる。

そう思いながら私は交差点を曲がり、駅前通りに入った。

 

その瞬間だった。

 

           吉野家

━━━━━━━━━━━━━━

      道路

━━━━━━━━━━━━━━ 

 すき家  日高屋  松屋

 

松屋すき家吉野家豊田駅前牛丼トライアングルwith日高屋が私の目に飛び込んできた。

一瞬で心臓止まってぶっ倒れた。

 

私は豊田駅北口を目の前にして、小雪ちらつく歩道上でついに息絶えた。

今は収容された日野市営火葬場からブログを書いています。

広告を非表示にする