読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

朕はタラフク食ってるぞ

今日は以下の用件をこなすため街に出かけました

・家系ラーメンを食べる

・銀行に行く

・裾上げを頼んだスーツを某紳士服屋に受け取りに行く

 

シコシコ自転車漕いで街に向かい、2時間無料の駐輪場に自転車を置いてからお目当ての家系ラーメンの店へ向かいました。

 

店の入り口で老夫婦が店内の様子を伺っていて店に入りづらかったので一旦店を通過。回り込んで裏口から店に入りました。そしてちょうど俺が入った瞬間に全部の席が埋まった。カウンター席のみの狭い店内で俺だけ立ったまましばらく待たされることになった。 

 

席を立つやつは何人もいるけど、全員セルフサービスの水を取りに行ってるだけで誰も一向に店から出て行かない。俺は給水器の横に陣取って水を入れにくる奴をチラチラ見る。セックスの権化みたいな男や死にそうな白髪のジジイなどがやってきて、給水器の上に置かれたトレイに山積みのコップを取り、水を入れ、席に戻っていく。家系を必要とする人たちの群れ。

 

目の前の席では場違いなビッチ二人がちんたらちんたらラーメンをいじくりまわしている。もっと気張って啜り上げろや 男のチンポみたいによ とか思ってるうちにようやく席が空く。

 

席に座ると麺固め味濃いめ油普通のラーメンが割とすぐに出てくる。この店では無料でライスがもらえるし、おかわりも無料だ。肝心のラーメンも美味しい。麺を啜りチャーシューをかじり海苔をスープに浸しライスで食べる。濃い味のスープに箸が進み、あっという間にライスがなくなる。この時私は無限に米を食べられるような気がして、ライス大盛りを頼んだ。

一瞬で信じられないくらいバカ盛りの米が出てきた。

それを見た瞬間、私の頭の中を満たしていたはずの食への衝動が突如消え失せたのを感じた。

もはや何も食べたくないという気分が脳裏に蔓延している。自分の脳に騙された気分だった。

 

完全にミスった 外食の才能一切ない

バカ盛りライスショックでペースが完全に乱れてしまい、結局ラーメンすら完食できずにそそくさと店出た おかわりは残さずお願いしますって店内に明記されてる系の店でおかわりを残すの、ポツダム宣言受諾より辛いものがある

 

その後、私は鬱病になりながらも銀行に向かいました。

銀行に着いてから手続きに必要な印鑑を持ってくるのを忘れたことに気づいてクソ慌てて家に戻って印鑑取ってきたり、某紳士服屋でスーツを受け取って店から出た瞬間雨が降り出したり、スーツの入った袋が三歳児とかだったら余裕で隠し持つことができそうなデカさで持ち運びにメッチャ苦労したり、何もかも最悪な外出でした

 

普段から生きる才能ないけど、今日は一段と何かがズレているようでした

やっぱ昨日不敬なツイートしたのがいけなかったのかな

@昭仁 ゴメンな