健常者

昨日は池袋に聲の形を見に行きました。

予約した上映時間の一時間半以上前に池袋駅に到着したのですが、これといって全くやることがありませんでした。

ゲーセンで遊ばないタイプのオタク顔のオタクなので池袋駅東口周辺のゲーセンに入って時間をつぶすと言う選択肢もなく、目の前に見えるABCマート池袋店とその向かいのアドアーズサンシャイン店、隣接するシネマサンシャイン池袋を通り過ぎて人ごみを縫い、おととし楽園追放とか言うオタク映画を観たHUMAXを通り過ぎ、東急ハンズの所で右に曲がり、重層的に入り組んだ首都高の高架脇のビル一階にひっそり潜むなか卯を通り過ぎ、JKリフレの売り子が立っている角を避けて脇道に入り、全く人気のない裏路地の飲屋街を通り過ぎた先に見えて来た蒙古タンメン中本を通り過ぎるとABCマート池袋店が見えてきました。

つまり私は池袋駅東口の繁華街の中を小さく無意味に一周したのでした。

いくらなんでもあまりに無意味すぎるので、私はやむなくABCマートの左隣のルノアールに入りました。

いっぱしの人間だったら人生の中で通過儀礼的に経験するような様々なライフイベントの全てをことごとく回避し(もしくはライフイベントの方から回避され)通り過ぎて来た私は、これまでに喫茶室ルノアールに入店したことがありませんでした。

私は窓際の席に座り、クソデカい聲で三回にわたって店員を呼び、後ろの席のママ友同士らしい子連れ二組に怪訝な目で見られながらドリップアイスコーヒーとブルーベリートーストを頼みました。

池袋東口ルノアールはビル二階にあって、窓の下の通りを意味不明な数の人間が無限に行き交っていました。街頭の傍で道行く人に何か言いながらあざといポーズを作って客引きをするメイド喫茶の女(全員に無視されてた)、向かいの雑居ビルの階段で雑談している男女のつがい。メイドの聲もつがいの聲も、当然こちらまでは届きませんでした。

そんなふうにしてNOTHINGNESS CITY IKEBUKURO を見ていると、やがてドリップアイスコーヒー(640円)が出てきました。外を見飽きてスマホを見ているとブルーベリートースト(330円)が出てきました。330円のブルーベリートーストはクソ高いドリンクとセットでなければ注文出来ないシステムになっていて、店内に無限に居座る乞食客を絶対排除しようという店側の『キモチ』が感じられてアツかったです(トーストは冷めていました)。

フォークを手に取ってブルーベリートーストに手をつけようとした瞬間、後ろの席のママ友の片割れの子どもがお冷やを床に落として叫び、母親がヒステリックに怒り、店内は地獄となりました。背後から立ち上る母子の喚き聲をガン無視しながら食べたブルーベリートーストはそれなりにおいしかったです。でも二秒で限界来た。

会計をしてルノアールを出ると、すぐ目の前にシネマサンシャイン池袋。ちょうど映画が終わった所らしく、劇場から出て行く無数のつがいがチンタラチンタラクソ狭い出入り口でひしめき合っていました。その中をかき分けて場内に入ってチケットを発券し、エレベーターで上映シアターへと移動しました。

予約した時点では、私が取った席は両隣が空いていたはずでした。しかし私が劇場に行った時にはシアターはかなり人が入っていて、すでに両隣の席は客が入って埋まっていました。狂った狭さの座席と座席の間を無理矢理に移動して、どうにか自分の席にたどり着きました。

 その後は特に言うこともありません。「聲の形」そのものは面白かったです。左隣の男子大学生集団が「今日池袋でオールすんの?」「やべえ全然話が頭に入ってこねえわ」とか上映中に聲に出して喋っていたり、右隣のオッサンが明らかに変なタイミングであからさまに吹き出したり笑いを堪えたりしていたおかげで非常に思い出深い映画鑑賞となりました。

 

池袋に限らないですが、渋谷とか六本木とか表参道とかそういう街は健常者ヅラなので嫌いです。新宿みたいに正々堂々「終わってる感じ」があまりしない。

死ぬまでに一度でいいから廃墟と化した109を見てみたいですね。池袋じゃないけど。

広告を非表示にする