読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すた PART2

またすためしどんどんへ行ってきました

今日はネギ塩ステーキ(930円)を注文しました 以下感想です

・前回すためしを食べたときから「ステーキ・ハンバーグを頼むとごはんとみそ汁お代わり無料」という宣伝文句が気になっていたので実際にネギ塩ステーキを頼んでみました。930円という値段から明らかなようにステーキそれ自体については全く期待できる要素はなく、頭の中はお代わり無料のことでいっぱいでした。

・食券を店員に渡して、壁に貼ってある「ジャンボドリンク150円」とかいうチラシを凝視しているとまもなくご飯とみそ汁が出てきました。ご飯の量は思ったより少なかったです。いくらお代わりしてもいいと言いつつ一度に出されるご飯の量はみみっちいという、お代わり無料サービスの実態なんてこんなもんだろうなとか思っているとネギ塩ステーキが出てきました。

・店員は片手にステーキ皿、片手に白い器を持ってきました。白い器の方はサラダでも入ってんのかなと思い、別に気にも止めませんでした。しかし、店員が僕の目の前に出してきたステーキ皿のステーキ(100g)にはまったくネギがのっていませんでした。ネギ塩ステーキ自体には期待していなかったとは言え、流石になんだぁ!?と思っていると店員が白い器を僕の前に出してきました。器にはステーキ肉の三.五倍ぐらいの体積のネギが入っていました。

・冗談でもなんでもなくネギと肉の比が4:1くらいで、ご飯をお代わりすればみみっちい量の肉はあっというまに無くなり、最後にはネギでご飯を食べることになるのは日の目を見るより明らかでした。みそ汁で流し込むことも考えましたが、みそ汁の具はネギのみで、狂った量のネギをネギのみそ汁で流し込むという自体は流石に避けたいところでした。

・前回書いたようにたくあんも食べ放題でしたが、たくあんの入った壺のふたを開けた瞬間完全に人間としての矜持が失われるような気がして、だったら開けてほうが面白いんじゃねえかと思ったけど結局食べませんでした。

・完全に負けたと思いましたが、930円払ったのがメッチャくやしかったのでちゃんとご飯お代わりしました。お代わりでは大盛りが選べました。無限に米とみそ汁とたくあんを食べることができるので飢餓状態の農民にオススメです。

・お代わりのご飯と狂った量のネギを噛み締めてたら新宿西口ビッグカメラの入り口付近で見た雑魚寝のホームレスたちのことを思い出してきた。

以上です すためしどんどん最高!

広告を非表示にする